50代にしてスタイリスト教室に通い、苦手だった服選びが楽しみに。好きな服は何年着ちゃっても、トレンドをスパイスに普段着で「私」を楽しもうよ!ってな主婦ブログ。

menu

シンプルきれいめコーデに私を楽しむ

自撮りで実感!甘すぎなナチュラルコーデに、洗って縮んだけど便利になったカシミヤマフラー

けっこう、シンプルできれいめなテイストに、日常の洋服を移行してきたつもりです。でも、ナチュラルな服も捨てきれない私です。週に一度くらいでしょうか。着てます^^;

シンプルなお洋服はまあ、良いのですが、さすがに50代で、かわいい系のナチュラル服はイタイですね^^;

そのことを最も痛感するのは、自撮りです。客観的に見れるますからね。悲しくはありますが、人に言われるより凹みは少ないです(。・・。)

スポンサーリンク

ある日の甘過ぎな私のナチュラルコーデ

ハンドメイドショップで買った、お気に入りのガウチョパンツ。でも、甘すぎてなかなか着れずに淋しそう。ってことで、いろいろ合わせて着こなそうとしたのですが、シンプルだったりきれいめだったりするトップスとはコーデが難しいのです。

それで、甘いと分かってはいても、スタジオクリップのフリフリの白いブラウス。ダブルで甘いのですが、他のどのトップスよりもしっくりきたのですよ。。きっと、実は好みなのでしょう^^;

実は、たまたまこの格好で、お姑さんのお家に行ったのですが、一瞬、お姑さんの目が止まったように感じたのは、気のせいでしょうか(笑)

ちなみに、カーディガンもスタジオクリップで、マフラーは無印良品ですよ。

 

無印良品のカシミヤマフラーを洗濯したら縮んだけど・・

そうそう、このグリーンのチェックのマフラーなのですが、一応カシミヤ100%なのです。カシミヤにも品質がいろいろあるのでしょう、そんなにお高いものではなく、6000円ぐらいだったかなと。でも、洗ったら縮みました(T_T) 。。

縮むかな?と恐る恐る手洗い洗剤で洗ってみたのですが、見事に縮みました。タブン縦横ともに(笑)。

でもですね、これがいい感じに縮んでて、画像はひと巻きにしてるのですが、まとまりが良いし、クルクル巻かなくていいので使い勝手がよくなっちゃいましたよ(^-^)←ハイ、若干、つよがり。。

ちなみに、今年のはじめに無印良品のセールで購入したオフホワイトのカシミヤマフラーは洗ったけど、縮みませんでした。なんか違う感じのカシミヤなので、何かが違うのでしょう、何かは分からないけど(。・・。)。まあ、今後、カシミヤを購入して洗うときは、覚悟しておいたほうが良さそうですね。←懲りずに洗うつもり?

 

RNAの大人カジュアルコーデなら・・

こっちのコーデもナチュラルテイストなコーデなのですが、大人カジュアルって感じで、そうイタくないと自己評価です。

トップスのブラウスもセーターもパンツも全部RNAのお洋服です。相変わらず、RNAが好きです。

お店の方にちょっと聞いた話では、RNAの中でもまたブランドが分かれているようですね。それに、お店によっては同じブランドでも、お洋服のチョイスが好みだったり好みじゃなかったりします。それで、購入するのはいつも決まったお店に。RNAは20代をターゲットにしたような、個性的なデザインが多い気がするんですね。その中で、シンプルで無難で、50代でも着れそうな服を見つけるのがまた楽しみです(笑)。

で、ちなみにこのグレーのソックスって、4足重ね履き靴下の2足目だったりします(笑)。4足履いての靴は大きくないと履けないので、2足目だけなのです。

夏の間は重ね履きに挫折したのですが、冬はやっぱり温かいので復活。2足目だけでも、良質な靴下なので履き心地は良いし、いい感じにゆったり。
お気に入りの靴下屋さんで、義母に靴下のプレゼント買ったり、靴下のほかにも手袋とか買ってますよ⇒千代治のくつ下

というわけで、お話があちこちに飛んじゃいましたが、甘いナチュラルコーデは卒業して、シンプルナチュラルコーデのみにしたいと思っています。徐々にっていうか、甘い系はもうそろそろ卒業ね。タブン。。

シンプル系のナチュラルコーデも、50代だから卒業しなくちゃって思ってたのですが、やっぱり好きなモノは好きですね。長いこと、どうしたものかなって迷って悩んでいました。

でもまあ、これはこれで、きれいめコーデと合わせて、その日の気分や行く場所、お仕事内容や予定によって、選択していけば良いのかなって最近、思えるようになりました。なにごとも、広くゆるい視野って大切ですよね。そのほうが楽しいですもん!

↓明日の更新の励みになります。応援してもらえたら、感激です(^-^)
50代主婦ファッションランキング
ミセス系ファッションランキング
50代ファション 人気ブログランキング

PR
半額

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ