50代にしてスタイリスト教室に通い、面倒だった服選びが楽しみに。でも、好きな服は何年も着る私。トレンドをスパイスに普段着で自分を楽しもうよ!てな主婦ブログ。

menu

シンプルきれいめコーデに私を楽しむ

乾燥肌になるのは、お風呂で泡だらけで洗うから!


ボディーソープは、乾燥肌になりやすいというお話を以前しました。
そのときの記事はこちら⇒ボディーソープお風呂後のお肌の乾燥

 

お風呂で、ボディーソープの泡だらけで洗うと、綺麗に洗った!という感じがして気持ち良いですよね?

 

 

 

でも、それってお肌にとってはとても危険なこと。

 

 

↓↓ランキング参加中!至急、あなたの応援クリック求みます!
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

 

 

泡ぷくぷくは、なんだか気持ち良いものですが、泡はしょせん洗浄成分。

たっぷりの泡で洗わないほうがよいんです。

 

石鹸だと、あまり泡がたたないわけですが、それで充分。

 

特に、30代後半ともなると、次第にお肌が乾燥してくるもの。

洗浄力の弱い、石鹸がお薦めです。

 

しかも、腕や足といった、乾燥を感じる部分は、2,3日に1度の石鹸の
使用でも充分とのこと。

 

そういったこともあり、皮膚科のお医者さんは、お年寄りにお風呂に

毎日入ることをお薦めしませんね。

 

あと、石鹸は、アルカリ性で、お肌は弱酸性。
だから、弱酸性や中性のボディーソープのほうがよいんじゃない?って
昔は思っていました。

 

でも、今ではしっかり石鹸派。

主人が使っているこの石鹸、入浴後お肌が乾燥せずに潤うので、
私も使うようになりました↓
天然成分だけで作られた肌にも優しい石鹸愛用中ミスターゼロ石鹸

 

考えてみれば、洗った後は、水道水で流してしまうわけです。
そうすると、結局は水道水と同じく中性になるわけで、石
鹸がアルカリ性だからといって悪いわけではないようです。

 

アルカリには、皮膚の垢を適度に落とすといった役目をしてくれています。

 

アルカリ性の温泉に入ると、お肌がすべすべになるのも
そのアルカリ成分のせいですね。

 

それを考えてみると、石鹸がアルカリ性だからといって
お肌に悪いことはないのではないでしょうか?

 

お肌の乾燥する季節到来です。
洗いすぎに注意しましょ~。

 

 

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ