50代にしてスタイリスト教室に通い、苦手だった服選びが楽しみに。好きな服は何年着ちゃっても、トレンドをスパイスに普段着ファッションを楽しもうよ!ってな主婦ブログ。

menu

シンプルきれいめコーデに私を楽しむ

おしゃれなメガネケースに最適!「大人のおしゃれ手帖」付録のがま口

女性ファッション雑誌「大人のおしゃれ手帖」久しぶりに買いました。

付録がまたまたがま口だったので、もう買わないって思ってたのですが、なにやらメガネケースとしてよさげです。

そこで、老眼鏡ケースとして無性に欲しくなったのです(笑)。

スポンサーリンク

大人のおしゃれ手帖の付録がま口の使い方

大人のおしゃれ手帳のがま口付録

こちらが大人のおしゃれ手帖7月号。私たち同世代の原田知世さんが表紙ですね。

付録ががま口2つ。大小あるんですが、私が欲しかったのは、細長い方だけ。小さながま口は、大人のおしゃれ手帖では「アクセサリー入れに」って書いてあったけど、使い道見つかってません(^_^;) 何かいい使い道ってありますかね?思案中。。

 

jinsの老眼鏡

私の老眼鏡は、3000円くらいのJINSの格安老眼鏡。メガネケース付きだったのでこれに入れて持ち歩いていたんですが、なんともおしゃれでない(-_-;)

 

おしゃれな老眼鏡入れ

ってことで、今回の大人のおしゃれ手帖付録のがま口に入れてみたら、大きさがぴったんこ!まるであつらわせたようです(笑)。まあ、最近主流のメガネの大きさに合わせてあるのかもしれませんね。雑誌での使い方提案として、メガネケースがありましたから。

 

大人のおしゃれ手帳付録

この細長いくるりのがま口。素材自体がよれっとしてなくて、パリッとした感じなのがいいです。メガネがつぶれにい印象。

 

老眼鏡もおしゃれなメガネケースで楽しく使いたい

ずっと視力良いのが自慢だったのですが、歳にはかないませんね。はい、老眼入ってます^^;

老眼鏡持ってるけど、裸眼でも無理やりいけるので、ずっと裸眼で生活。読書するにも裸眼でなんとかなってます。

でもさすがに最近、仕事で小さな文字読むのに裸眼じゃムカつく。

「光が足りない!」「なんでこんなに文字が小さいの!」とひとり怒っててもしょうがないので、老眼鏡をバッグに入れて持ち歩くようになりました。いわゆる諦めですね^^;

おかげさまで、大人のおしゃれ手帖の付録「老眼鏡ケース」に出会ってから、オシャレ感が出て、老眼鏡を持ち歩くのが嫌ではなくなったのには感謝です。

なんでも、形から入る私です。気持ちをアップするのって大事ですよね~。「歳くったなー」っていくら悲観してても若くなるわけでもないですし^^;

あとは、いつものとおり、雑誌の中は、田舎ではあまり参考にならないような日常は着ないようなコーディネートが満載(^_^;)

そんななか、好きな女優さん、吉田羊さんの特集あったのでパソコン向こうの壁に切り取って貼り付け。いつの日にか、吉田羊さんみたいなステキな女性になれるよう(笑)。

パソコン周りを飾る

その横には鏡を貼り付けて、たまーに口角チェックです(^-^)

というわけで、なかなか気に入った、くるりのがま口です。あなたもメガネケースとおひとるしていかがですか?(笑)

↓あなたはどっちに興味ある?ひとつ選んでクリックしてもらえたら、嬉しいです^^(プロフィール画像はmy son…笑)
にほんブログ村 ファッションブログ ミセス系へにほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

PR
半額

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ