50代になって「おしゃれ迷子」からの脱出。日常の洋服にあなたを楽しむヒントを見つけてもらえたら嬉しいな。

menu

日々の装いに私を楽しむ

入浴後のお肌の乾燥は、石鹸でずいぶんと違うんですね?

入浴での体洗いですが、あなたは何を使いますか?

石鹸?ボディソープ?

 

私は、冬になると、毎年オリーブ石鹸に切り替えます。
夏は香りが好きな牛乳石鹸なのですが、冬は、普通の浴用石鹸で体を洗うとかさつきがひどいんです。

 

↓↓ランキング参加中!至急、あなたの応援クリック求みます!
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

 

 

安いのに、冬のお肌でもしっとりするのがアレッポの石鹸です。

 

この石鹸のおかげで、冬のひどかったかかとの荒れが一発で治ったので

それからは愛用しています。

 

高価なマルセイユ石鹸なども使用したけど、

アレッポの石鹸のほうが安いし、私の肌には合ってたみたい。

 

ところで石鹸は、やし油やオリーブ油などをもとにして

紀元前から作られていたといわれます。

 

いっぽう、石油由来の成分から作られるのが合成界面活性剤。

それを含んだものが多いのがボディソープです。

 

ボディソープは、固形石鹸に比べると、

約20倍もの洗浄成分を使用することになるみたい。

 

だから、さっぱりするといった使用感と同時に、

肌が乾燥するのも仕方のない話ですね。

 

でも、ボディソープって、保湿成分を配合しているから

乾燥肌にはならないんじゃない?

 

そう思ったのですが、保湿成分といっても水溶性の保湿成分が多く、

すすぎのときに流れてしまうんです。

 

油分の保湿成分は、わずかに油膜として肌に残るため、

洗いあがりはしっとりした感じがするんですね。

でも、時間とともに肌の水分が逃げていくために乾燥してしまいます。

 

また、肌に油膜が残ると、ニキビになることもあります。

 

そういったことを考えると、昔からある浴用石鹸のほうが

ずいぶんとお肌に優しいようです。

 

浴用石鹸もできれば、天然成分だけで作られているものが理想ですよね。

 

主人が使っているこの石鹸、香りだけではなく、原料も魅力です↓

天然成分だけで作られた肌にも優しい石鹸愛用中ミスターゼロ石鹸とは?

 

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ