50代になって「おしゃれ迷子」からの脱出。日常の洋服にあなたを楽しむヒントを見つけてもらえたら嬉しいな。

menu

日々の装いに私を楽しむ

40代からのトップス着こなし術!おしゃれの壁を乗り越える方法~あさイチ

おしゃれの壁って聞いたことありますか?体型に変化の訪れる40代50代でぶち当たる人の多い壁のことですよ。みたいなこと、あさイチ!でいのっちが言ってました。

流行の着こなし術を知っても、上手に取り入れられないことってありますよね。

そんなおしゃれ迷子さんのために、トップスの着こなし方があさイチ!で特集されていましたよ。

すごーく勉強になって楽しめました。自分の覚え書き用としてもまとめたので、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

40代から訪れがちなおしゃれの壁っていろいろあるのでしょうが、今回は「体型の変化」「肌がくすんでみえる」「着こなしがダサい」を克服する方法です。

①体型の変化

悩み・・40代50代という年齢のせいか、お腹や腰周りが大きくなって、それを隠したくてチュニックばかりきてしまう。

【対策】

「大人のシンプルベーシック」の著者であり、クローゼットオーガナイザーの鈴木尚子さんがアドバイス。

スラリと見せるためには、3つの悩み体型別にトップスの着丈を選びます。

・お腹まわりが気になる人

チュニックを着ることで、お腹周り下半身の悩みを隠してるつもりが、かえって強調しがちです。

お腹周りのお肉が気になる人は、腰骨が隠れるぐらいの着丈にすると、すっきり見えます。
いわゆる、ずん胴体型の方も、この着丈がお勧めです。
(この体型を専門用語でストレートといいいます。)

・腰回りが気になる人

また、腰のあたりの肉付きが気になる、腰が横に張っているタイプの人は、ウエストの辺りまでの短めなトップス丈にすることで、体型をすっきり見せます。
トップスを短くすることで、視線を上にもってこれるからですね。

大きめな腰回りで悩んでいる人は、トップスを腰骨丈にすると、かえって腰の張りが強調されます。
また、タック入りのパンツを選ぶと、腰が張った印象を和らげてくれます。
(この体型を専門用語でウェーブといいます。)

・肩が張っている人

最後に、専門用語でナチュラルという体型スタイル。
ナチュラル体型の特徴は肩が張っています。
この体型の人が全体のバランスをとるためには、トップス丈を長めにするのが秘訣。腰骨よりもさらに長くてOK
ナチュラルタイプであれば、チュニック丈も大丈夫なのです。

 

・胸骨のタイプ別にトップスを選ぶ

胸骨には立体的なタイプと平面的なタイプがあります。

立体的なタイプとは胸が前に向かって傾斜。一方、骨がストンと下に落ちるタイプは平面的なタイプになります。
バストが大きいかどうかではなく、骨格が立体的であるかどうかの違いです。

立体的な胸のタイプの人に似合うのは、はシンプルなデザインで襟ぐりが広く開いているトップスを選ぶと良いです。
フリルなどの装飾があると、胸元が太ってるように見えます。

胸骨が平面的なタイプの人は、その逆のトップスを選ぶようにします。つまり、フリルや装飾があるものですね。

※ワンポイントアドバイス

肩が落ちているデザインのトップスを選ぶと、よけいに二の腕が太く見えるので、腕を細く見せたければ、肩ラインが腕の付け根にあるものを選びましょう

 

②肌がくすんで見える

悩み・・似合っていたはずの色の洋服を着ると、いつからか、顔がくすんで見えるようになった。

【対策】

「色で美人に生まれ変わる」の著者、カラープロデューサーの今井志保子さんがアドバイス。

お悩みの女性は赤い20代の頃はベージュが似合っていたのに、50代になったら似合わなくなったという悩み。これに対し、今井志保子さんは、もともと似合っていなかったベージュが、年齢を重ねることではっきりしてきたとのだと言われていましたよ。

つまり、若い頃はお肌がピチピチで、そう似合わない服でも若さで着こなせたというわけです。

そこで自分に似合う色を探すには、肌の色を見ます。肌の色には青み系と黄み色系の2つに分かれます。

肌の色がピンクっぽい色が青み系、オレンジに近い肌の色が黄み系です。

専門家によって判断の仕方は違いますが、今井志保子さんのおすすめは、手のひらの色みをチェックすること。

手のひらが黄み系か青み系かで判断。ファッションの系統も、これに同じ色味系を合わせます。

同じ系統の服が顔に反射しても問題ありませんが、反対色の色が反射することで、顔色が暗めに見えます。これが、肌がくすんで見える理由です。

 

③着こなしがダサい

悩み・・若い頃はシンプルな服を着るだけでおしゃれに着こなせていたはずなのに、いつの間にかダサいだけになっていた。

【対策】

「毎朝、服に迷わない」の著者スタイリスト山本あきこさんがアドバイス。

簡単な着こなしや着崩し方で、見える印象がガラッと変わるという、オシャレなスタイリングを伝授。

白シャツの着崩し方

・シャツの裾
ボタンを全部閉めて普通に白シャツを着ると、ただの地味な人になってしまいます。

おしゃれに気崩すためのポイント
ブラウジング…シャツをボトムスに入れ込んだら、シャツの裾を少し引っ張り出して膨らみを作ります。この時、どのくらい膨らみを作ったらいいのかわからない場合は、バンザイをして出てきたシャツを整えるとちょうどいいブラウジング感に。

・シャツの襟
シャツのボタンは上2つを開けて、襟の後ろの方を立てます。小顔効果も期待できます。

・袖
袖はロールアップして手首を見せることで、女性らしさが出せます。

カーディガンを上から羽織る場合は、カーディガンの袖口から白シャツをだしてロールアップします。こうすることで白シャツの白が分散され、全体的に軽く、明るくなります。

・ダンガリーシャツの場合
大人女性が着ると作業服っぽく見えてしまうダンガリーシャツ。おしゃれに着るコツはメガネや腕時計、バックなどの黒い小物を全体に散りばめること。

 

ボーダーシャツを大人っぽく着るには

カジュアルになりやすいボーダーシャツ。
これにネックレス、イヤリング、バングルといったゴールドのアクセサリーを使うことで、上品さが加わりお出かけ着の装いになります。

 

50代の私の例と感想

今回のあさイチ!では、トップスの着こなしに注目しての、おしゃれの壁を乗り越える着こなし方でしたね。

トップスだけでも充分におしゃれな着こなしができるんですね。改めて再確認できて、面白かったです。

スタイル良く見せるには、骨格によってトップス丈が変わるんですね。これ、初めて知りましたよ。

私の場合は、肩が張ったハト胸。ということは、立体的な胸骨でナチュラルタイプ。意味もなく、胸元スッキリの長め丈トップスが似合うなとは思っていましたが、なるほどです。

服を着こなすには、バランスを取るのが一番大切かも。

自分の肌の色が「黄み系」と「青み系」のどちらか知る方法、すごく簡単で、これ、使えますね。

私は、以前、1万円くらいお金を出してパーソナルカラー診断をしてもらいましたが、今回の「黄み系」と「青み系」を知るだけでも充分かなと。

私の場合は、パーソナルカラー診断では「サマー」。つまりは青み系。はい、手のひらはピンク色です。そうと知ってからは、青みがかった色の服を選ぶように意識しています。確かにオレンジやベージュは似合いません^^;

といいつつ、カーキが好きだし、黄緑色の23区のカーディガンも先日購入。


これって青み系か?と疑問は絶えませんが、まずは試着して「いいじゃん!」って思ったもの買って着てます(笑)。

山本あきこさんの本は「いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える」と「毎朝服に迷わない」の2冊持っています。彼女のテクニックは分かりやすく、すぐに試せるものが多いです。

あさイチ!で紹介された着こなしのコツも本の中で紹介されていますし、他にもいろいろ参考になりましたよ。50代には若干若い気もしますが^^;

となると、鈴木尚子さんや今井志保子さんの本も気になっています。今度、書店でチェックしてみようかと思っているところです。

最後のほうで、有働さんが「歳をとると、カジュアルな服だとなぜだか貧乏くさくなる。」てなことを言っていたのが印象的でした。みんな同じようなこと思うんだなって。
それで私も、50代を堺にカジュアルやナチュラル系からキレイめなお洋服選びをするようになったんですよね。まあ、気づくの遅すぎかもですが^^;

でも、おかげさまで、今は毎日の洋服選びが苦どころか楽しいです。

今回のあさイチ!「40代からのおしゃれの壁を克服する方法」を参考にして、プチおしゃれなマダムを目指しましょー。

↓更新の励みになります。応援してもらえたら、感激です(^-^)
50代主婦ファッションランキング
ミセス系ファッションランキング
50代ファション 人気ブログランキング


スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ