50代になって「おしゃれ迷子」からの脱出。日常の洋服にあなたを楽しむヒントを見つけてもらえたら嬉しいな。

menu

日々の装いに私を楽しむ

春はフェミニンな辛口コーデよりペールトーンコーデの勝ち!(コーデバトル)

3月17日の「ヒルナンデス!」コーデバトル。このコーナーは、コーディネート方法や流行りモノが知れて大好きです。

今回は、春アイテムを使ったり、春色のコーデがポイントでしたよ。

まずは、植松晃士さんの辛口ファッションチェック

今日は、美人姉妹がつかまってました(笑)。

春アイテムで変身コーデ

こちらは、41歳のお姉さん。ナイスなファッションコーディネートだと思ったのですが、植松晃士さんの判定は、「ちょいモテ」でしたね。

珍しいです!いつも「おブス」とか「ちょいブス」。モテファッションという判定はまずないから、ちょいモテってある意味ベスト!

写真の左が変身前で右側が変身後です。あまり変わってないけど、変身前は植松晃士さんに「5人目のアルフィー」なんて言われてましたよ^^;

コーデに手を加えたのは、ブルーのネックレスと足元。

春の足元コーデ

春らしいベージュと肌みせ。植松晃士さん大好きなヒールの高い靴です。それに、サングラスが追加されていますね。

 

春のファッションコーディネート

次に、37歳の妹さん。こちらも美人さんで言うことなしだと思ったのですが?

春のアイテムでセレブ風に変身です。植松晃士さんって、デコルテ見せるの好きですからね。足元もパンプスにチェンジ。一番の変身ポイントは、黒のバッグを黄色のクラッチバッグに変えたところだそうですよ。

 

さて、今回のコーデバトルですが、ハイヒール・モモコさんと櫻井淳子さんの対決。結果は見るまでもなく、予想できちゃうような..

コーデバトルのお題は、『年下男子が憧れる春のモテスタイル』

カーキのスカートコーディネート

はい、こちらがハイヒール・モモコさんの変身コーデ後。カーキ+フェミニンだそうです。写真はわかりにくいけど、グレーのカーディガンにパールのビジューがついてます。落ち着いた中にも華やかさを狙って、このカーディガンが選ばれました。

DURASで選んだクラッチバッグは、黒とベージュで2面使いできるんですね。春なのでベージュを見せて持つのがポイントだそうです。でも、このクラッチバッグを見て、ハイヒール・モモコさんは、『集金バッグにしか見えない』って渋ってましたけど(笑)。

なぜ、クラッチバッグがオススメかというと、大きなバッグはバランスが悪くなるんだそうです。

足元は、白いサンダルで全体の抜け感を出して若々しさを演出。イエローのストールで春らしさと華やかさを出していますよ。

アラフィフ女子ハイヒール・モモコさんにお似合いのクールスタイルなのです。

 

いっぽう櫻井淳子さんのコーデ変身後。

ペールトーンの洋服コーデ

この春もハイネックがトレンドなんだそう。隠したほうが色っぽいということで、こちらのトップスをチョイス。ノーカーラジャケットにハイネックのコーデです。

全体がパステルカラーで合わせているんで、足元もヌーディっぽい色を探してこちらのパンプスに。

 

ハイヒール・モモコさんと櫻井淳子さんのコーデバトル対決は、やっぱり櫻井淳子さんの勝ち^^;

植松晃士さんの解説によると、ちゃんと勝因があるそうです。

ハイヒール・モモコさんのグレーのカーディガンとカーキの組み合わせは辛口でよい。ふんわりスカートも流行りで素敵です。でも、春なので、グレーにカーキよりもペールトーンですよね。だって。

櫻井淳子さんのコーデは、『春のそよ風』というペールトーン。しかも色をまとめているんじゃなくて、大胆な使い方がよい。いろんな色のペールトーンを取り入れている。それに、ひざが出るか出ないかのスカート丈が美しい長さなんだそうですよ。

ちなみに、ペールトーンとパステルカラーの違いが分からなくて調べてみました。色としてはパステルカラーと変わらないそうです。ただし、パステルカラーが可愛らし色をイメージさせるのに対し、ペールトーンとはグレーやベージュなど色全体の薄い色をさすようです。海外ではパステルカラーよりもペールトーンが専門用語として使われているんですって。

というわけで、やっぱり櫻井淳子さんの勝ちだったのですが、私は、ハイヒール・モモコさんのコーデのほうを着てみたいですね。櫻井淳子さんのペールトーンコーデも悪くないけど、花がらのスカートは苦手です。はいたら、落ち着かなくなりそう・・^^;

↓↓大人カジュアル派の方へ~応援クリック、感謝です☆
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

↓ナチュラルコーデ好きさんはこちらをヨロシクです☆
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ