50代にしてスタイリスト教室に通い、苦手だった服選びが楽しみに。好きな服は何年着ちゃっても、トレンドをスパイスに普段着ファッションを楽しもうよ!ってな主婦ブログ。

menu

シンプルきれいめコーデに私を楽しむ

パリジェンヌファッションを映画「新しい靴を買わなくちゃ」の中山美穂でお勉強!

かなり今さらだけど、中山美穂と向井理主演の映画「新しい靴を買わなくちゃ」を見ましたよ。

パリに住む、仕事バリバリやってる綺麗なパリジェンヌ的な女性を中山美穂が演じてるんだとばかり思っていたんですね。そしたら、まったく違ってて・・

しかも向井理。テレビドラマで多く演じている男っぽい感じの役柄ではなくって。あれは、40代50代女性が好む男性像ですね(笑)。

 

↓↓おしゃれの秋は、大人カジュアルなブロガーさんを参考にしましょ!

にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

スポンサーリンク

「新しい靴を買わなくちゃ」は2012年の映画だったんですね。パリが舞台だし、プロデュースが岩井俊二ってことできっと映像が綺麗だろうな、とは思って見たかったのです。でも、向井理と恋に落ちる中山美穂にジェラシー感じてて見なかったのですね。

そりゃ~中山美穂なら歳の差あっても向井理ともバッチリ釣り合うよね、フン!なんてね^^;

 

でも、「新しい靴を買わなくちゃ」を観た人の感想に引っかかることがあって観てみたんです。そしたら、中山美穂がド綺麗なパリジェンヌではなく、普通の女性演じてました(^-^;)

 

向井理は思い切りカッコよかったです。しかも、すごい優しいし紳士的だし、かわいいし。極めつけは、中山美穂が酔っ払っておんぶされるシーンがありましたよ。(韓ドラの影響?・・笑)

 

チラ見⇒映画『新しい靴を買わなくちゃ』予告編

 

あと、恋愛ストーリーなのに、中山美穂と向井理のキスシーンさえもなくって意外でしたね。(妹役の桐谷美玲と綾野剛カップルはありましたけど。)

そして、けっこう描写が現実的なのです。若い向井理に惹かれる中山美穂のはしゃぐ様子が痛々しく思えたり^^;

余韻は残すけど、ラストもちょっと切ない終わり方でしたね。(これを観て、すぐにでも年下の男の子と恋愛したい!って思うことはないだろうから、かなり健全な映画です・・?)

 

「新しい靴を買わなくちゃ」の感想としては、観て良かったですよ。韓ドラのように下手に夢を見させる感じでもなく、向井理はステキだし。彼の台詞もあれこれとよかったです(笑)。さすがは北川悦吏子監督脚本ですね。

 

 

あと、パリの街並みがやっぱりすごく綺麗でおしゃれです。映画館で観たら、まるでパリにいる錯覚に陥ったんじゃないかな~って。

それに(映画の中で)中山美穂の住んでいるアパートのインテリアなんかも、インテリア好きな私としては観ていて楽しかったですよ。

 

パリジェンヌ、中山美穂のファッションコーデも見どころ。といっても、派手さはありませんね。パリに住んでいる女性って、実際ファッションはシンプルなんですよね。それでいて着こなしがおしゃれ。いわゆる「最後から二番目の恋」の小泉今日子の衣装に比べたらすっごく地味だけど、すぐにでも真似できそう。2年前の映画だけど、今真似しても大丈夫な感じですよ。

パリジェンヌお得意のトレンチコートでしょ。ワンピース。ジーンズに、ラストは最近流行りのチュールスカートっぽいファッション。数日間の恋の思い出にひたりながら、ちょっとおめかしって感じでしたね。

 

 

予想とは違って、まったく中山美穂にジェラシー感じないし、嫌味っぽくありませんでした。

 

観てない方には、ぜひオススメしたい映画かな。現実ではありえないけど、感情移入することで楽しめます(笑)。内容が100%夢見れるってわけでもないので、観た後はスッキリ現実に戻れて、「さあ、がんばろう!」って思えちゃう映画。

ただし、向井理が嫌いな人にはオススメできませんので、あしからず^^;

↓↓たまにはおしゃれな恋愛映画なんか観て、どっぷり感情移入!(ヒロインと自分とには雲泥の差があろうとも・・汗)ヒロイン気分に浸るのもいいですよね。
にほんブログ村 ファッションブログ 大人カジュアル系へ

PR
半額

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ