50代にしてスタイリスト教室に通い、面倒だった服選びが楽しみに。でも、好きな服は何年も着る私。トレンドをスパイスに普段着で自分を楽しもうよ!てな主婦ブログ。

menu

シンプルきれいめコーデに私を楽しむ

アラフォーファッションコーディネート「だから似合わない」を克服するために!


ファッション・コーデって、苦手!いつも買うお洋服がワンパターンだったり、試着したときは良いと思ったのに、家で着てみたら印象が違って結局着なかったり・・汗。

しかもアラフォーのファッションコーデってなんか難しい。流行ものの取り入れ過ぎもイタイ感じがするし、かといって、堅いのも苦手だし。

そんな悩めるアラフォーの私が参考になった、「ショップ店員さんのR40の着方・お洋服の買い方」です。

ここ↓↓ナチュラルなファッションを参考にしています☆
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

スポンサーリンク

【流行ってるから着ればいいってわけじゃない】

「今年流行した柄パン、よっぽどスタイルがよくないとR40には難しいアイテムでした。流行だからといってレースも難しい。人によって昭和初期のおっかさんに。
:::」

【部屋着の人にアドバイスは無理】

「買い物にいくなら、お気に入りの服を着ていくのが鉄則。それは、着てきた服を基準として、それに似合うものを提案されるから。逆に、つっかけた部屋着みたいなボロイ格好でいっちゃうと、そこから上げていくのが大変。」

【お金をかけるべきところ・・】

「流行中の大人カジュアル。カジュアル=安くていいわけじゃない。Tシャツはともかくダンガリーやパーカなどにはお金をかけないと、一気に安っぽくなります。」

【試着を面倒がるから新品でも野暮ったい】

「羽織るだけでいいのに『太っているからこれにする』と、試着なしでワンサイズ大きい物を選ぶ人。ジャケットこそオーバーサイズは厳禁。袖が長すぎて親指の第二関節が隠れているのは野暮ったかったリ&だらしないだけ」

【試着室内の鏡を正面からしかみない】

「だるまみたいにぶ厚いチュニック姿や、お尻が四角く拾われたスキニーを見るたび、なぜ横や後ろ姿はチェックしない?と思います。狭い試着室の中で、正面だけ見ても意味なし。試着室の外に出てバランスを見るべきです。」

【変えたいって言うだけで同じものを買い続ける】

「マンネリを脱したい、というお客さんに限って『私は黒の人なの』とか『こんなの派手すぎて無理』とか、頑固でこちらの提案を受け入れない。だから同じものばっかり買うはめに。おしゃれなかたほど意見に耳を傾けてくれます」

【ファッション雑誌を鵜呑みにしない】

175cmのモデルが10cmヒールをはいて、スタイリストがついて着こなしているのもが私たちと同じになるわけがないんです。雑誌と同じようにスカーフを無造作に巻くのも大変。お店の人のほうが参考になる。自分と同じ世代&背丈のスタッフを見つけては?

(記事参照元 女性セブン)

というわけで、私は思い当たるフシが・・汗。

柄パンも若い店員さんが来てて、可愛かったから買って、自己満足で着てるけど、似合ってないかも(笑)。

さすがに雑誌見て、そのまんま真似するってことはないけど、ショップのスタッフが着ていてステキだから購入するってこと、私はけっこうあります。よく考えてみると、そのスタッフさんてスタイル良くてかわいいんですよね。かなり無謀なことしてたかも(笑)。

ショップに入ると、確かにそのとき着ている洋服をみて、店員さんが話しかけてきますよね?パンツをはいていたら、「普段、パンツが多いんですか?」とか、色も着ている色を見て、好きそうなお洋服を選んでくれるみたい。やっぱお気に入りの服着て行ったほうが店員さんも参考にしやすいんでしょうね。

パンツ選びは、私は絶対に後ろ姿はチェックしますね~。それで、お尻が実際よりもあがって見えるものなら即買です(笑)。
お尻が平らに見えるものだけは避けたいと思ってます。

この夏は、絶対に選ばないだろうイエローのタンクトップを店員さんにオススメされて購入してみました。そしたら、自分の肌の色に合うみたいで、けっこう気に入って着ています。

好きな服=似合う服じゃないんだそうです。絶対にイヤじゃなかったら、店員さんオススメのお洋服にも挑戦してみると、ワードローブの幅が広がるかも?

↓↓秋のファッションコーデ購入のさいの参考にしてね。
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ