50代になって「おしゃれ迷子」からの脱出。日常の洋服にあなたを楽しむヒントを見つけてもらえたら嬉しいな。

menu

日々の装いに私を楽しむ

おばさんっぽくならないTシャツとパンツの合わせ技

最近は、Tシャツでも過ごせそうな暑い日がありますね。

ジャブジャブ洗えるので、エコ的にもTシャツが夏は大活躍!

 

私の場合は、特に、パンツにTシャツってことが多いです。

パンツにも合う、ちょっとおしゃれ感があるTシャツ選びのポイントは?

 

↓↓ナチュラルなファッションは、いつもこちらを参考にしています☆
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ

 

今年は、Tシャツ一枚でもこなれ感が感じられる、ちょいゆるTシャツが
パンツには、おすすめだそうです!

 

「ちょいゆるシルエット」のTシャツ。
体につかず離れずという、程よい緩さをもったシルエット。
ボディラインをほどよく隠してくれて、女性らしさも
かもしだしてくれる感じ?

 

Tシャツの長さは、せめて3分の1程度は、お尻が隠れる長さのものを。
スキニーパンツを履いた時に気になるのがお尻のライン。
お尻が隠れる程度だと、パンツラインもすっきりキレイに
着こなせそうです。

 

ジャケットを着た時に、Tシャツの裾が見えないのが
よいですよね?
というと、ヒップの一番高い位置にTシャツの裾がかかる
ぐらいの長さを選ぶとよいです。

 

昔、流行ったチビTのような短いTシャツは、お尻が丸出し
になってしまうし、チュニック丈は、中途半端で
ちょっとおばさんぽくなりがちなので注意です。

 

雑誌STORYで紹介されていたのが、少しだけ透け感の
あるTシャツ⇒LOUNIE(ルーニィ)レーヨン混ベア天竺+ポリエステルシフォンプルオーバー】

↑女性らしさが強調されて、流行の柄パンとも

合わせやすいようです。
STORYでは、ホワイトとブラックの柄パンスキニーと
合わせてありましたよ⇒モノトーンの柄パンツスキニータイプ

 

ちょっとタイトなTシャツを選んだ際に気になるのが
ブラの横から「はみ出したお肉」・・汗

(私も、40後半あたりから気になり始めまして・・大汗)

 

STORYで紹介されていた、「ハミ肉」の悩みを解消してくれるのが
こちらのブララゼ 着痩せグラマラス

 

 

そして、パンツとTシャツをおしゃれに見せるのが
ちょっとしたテクニック。

・タンクトップを着用し、Tシャツの下に、
ダンガリーシャツを腰巻にする。

 

・カラータンクトップは鮮やかな色を選んで、
Tシャツの下からチラ見せ。

 

・パンツのベルトを細いものを選びます。
Tシャツの片方だけ、パンツにインにし、細いベルトを
チラ見せ。

斜めのラインを作ってあげると、足長に見える効果も
あるみたい!

夏はチラ見せがポイント?

ぜひ、Tシャツとパンツを合わせる際の

参考にしてみてくださいね♪

 

↓↓パンツとTシャツの記事に興味を持った方はクリック☆
にほんブログ村 ファッションブログ ナチュラル系へ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーカイブ